スマホは生活に欠かせない必需品となっていますが、財布いらずでスマホ決済ができる時代になっています。財布としての役割を果たすスマホですが、LINEPayやPayPayがよく利用されています。出かけるときの必需品はスマホと財布とされていましたが、現在はスマホだけで完了する生活が可能です。

LINEPayはLINEの友達同士で送金しあったり、店頭でQR決済をするとき・オンラインショッピングで利用できるシステムです。コンビニエンスストアや百貨店などで利用できることから、幅広く便利に使うことができます。利用者がスマホのQRコードと読み取ってもらい支払いをする方式で、非接触型決済にも対応しています。毎月決済金額に合わせてランク付けされてお得ですし、ユーザーならではの特典もあり決済金額の0、5パーセント以上のポイントが獲得できます。そのポイントは残高へチャージすることができ、支払いに充てることができます。

PayPayもQRコード決済サービスですが、コードを読み取りアプリで決済完了ができるスマホ決済です。電気量販店やコンビニエンスストア・薬局などで対応可能なので、幅広く使うことができます。PayPayは利用者が店側にQRコードを見せて読み取ってもらう、店舗読み取り方式と、その逆であるユーザー読み取り方式を採用しています。必要な額だけを銀行口座やカードからチャージすることもでき、クレジットカードと紐付けてそこから支払う方法もあります。

またスマートロックや自動解錠という、スマホで鍵の開け閉めができるというシステムも存在しています。スマートロックはスマホなどの電子機器を通して、解錠や施錠を行う鍵のシステムです。セキュリティの面で注目され始めており、便利で安全性が高いのも特徴になります。既存の鍵に取り付けるタイプが多く、操作性や取り付けやすさについては商品によって異なっています。スマホを持って鍵に近づくだけで自動的に解錠するタイプや、端末を鍵にタッチすることで解錠するマジックタッチタイプもあります。ウェブ上から簡単に合鍵などを作成できますし、直接鍵の受け渡しをしなくても良いので安心です。SNS上で鍵を送ったり受け取ったりすることができ、使える日時の制限もでき一般的な鍵よりもセキュリティが高いのが特徴になります。自動解錠はアプリや暗証番号・指紋などに対応していて、登録最大数は指紋で100個になり、アプリが一万人にもなっています。スマホの充電が切れてしまうことで生活に支障をきたしてしまうため、充電切れには注意が必要になります。必需品であるスマホも充電を切らさないため、充電器とともに持ち歩くかチャージャーを常に保持しておきます。